ワイルドジャングルで儲ける!ジャックポットの当選も!TOP > ワイルドジャングルの基礎知識 > ワイルドジャングルにはウェバンク口座が必要

ワイルドジャングルで有料プレイするならウェバンク

ワイルドジャングルはウェバンク(webanq)があると便利です。

ウェバンクとはインターネット上の銀行であり、オンラインウォレットとよばれています。多くのオンラインカジノでは、オンラインウォレットを経由して入金したり、儲けたお金を引き出したりします。

よくある勘違いとして、オンラインカジノでクレジットカードがつかえない!というものがあります。どこかのサイトに、クレジットカードがつかえると書かれていたから、つかってみたけれど承認が下りないというわけです。

それは当然なのです。
オンラインカジノではクレジットカードはつかえません。つかえるのは海外だけです。日本では法律の問題もあり、通過できないのです。(つまりクレジットカードがつかえると書いているサイトは、間違っているというわけですね)

そこで役立つのが、ウェバンク(webanq)をはじめとするオンラインウォレットです。これにはウェバンクのほかにネッテラー(NETELLER)などがあります。ネッテラーは入金するまでに手間がかかり、サイトも英語表記になっているので、日本人に使いやすいとはいえません。

その点、ウェバンク(webanq)なら、あなたがすでに持っている銀行口座から、すぐにでも振り込むことができます。振り込まれたお金は、ウェバンクを経由してワイルドジャングルカジノへと送金されます。ウェバンクが仲介役をになっているわけですね。

これもよくある勘違いですが、ジャパンネット銀行や楽天銀行でないと、すぐにウェバンク口座に反映されないと思っているかたがいたりします。でも、そうではありません。

たとえ地方銀行であっても、15分程度でウェバンクの口座に反映されます。
もし、その銀行のインターネットバンクをお持ちなら、ネット上で操作するだけで15分程度で反映されます。

では、どのように違うのかというと、ジャパンネット銀行と楽天銀行は、営業時間外や休日であっても、15分程度で反映されるのです。また手数料は無料です。
この点、地方銀行などだと、営業時間外や休日の振込みは、翌日以降に確認次第、反映されるという流れになります。(ただし営業時間内なら、15分程度で反映)

そして、引き出すたびに数百円の手数料がかかります。

もしあなたが、夜中にギャンブルをしたいというのであれば、ジャパンネット銀行か楽天銀行の口座を開設するとよいかもしれませんね。

ワイルドジャングルはウェバンクやネッテラーに対応しています。
ただ前述したようにネッテラー口座は、入金までに数日かかることがあるので、待たされることが多くなります。

その点ウェバンクなら、15分程度でワイルドジャングルカジノに入金できるので、ストレスのない入金方法といえます。

さて、あなたの手持ちの銀行からウェバンク(webanq)へと入金したあとは、その資金をワイルドジャングルカジノへと移さなければなりません。

その場合の注意点ですが、ウェバンクのサイトにログインして、「送金ページ」から移すよりも、ワイルドジャングルカジノのリアルマネー画面を開いて、「キャッシャー」というところから操作したほうがいいです。

というのはウェバンクの送金ページからだと、「送金先の加盟店名」とか「加盟店口座番号」を記入しなければならないからです。この部分が不明瞭で、間違った情報を記載してしまうと、きっちりとワイルドジャングルへと届かない可能性があります。

そこでワイルドジャングルカジノの有料プレイ画面の「キャッシャー」というところから操作したほうがよいのです。イメージとしては「ウェバンクからワイルドジャングルにお金を引き出す」といった感じですね。

ウェバンク口座は10分程度で開設が完了します。
ほんと、あっけないですよ。え?もう終わりって感じです。またサイトのつくりは、とても簡素なので迷うこともなく、ユーザビリティーに富んでいますね。入金や出金をしたさいは、登録したメールアドレスに「入金しました」などのメールが送られてくるので、安心です。

一度ウェバンクの口座を開設してしまえば、あなたの銀行口座から、好きなときにワイルドジャングルに振り込めてすぐに反映できるので、これから先、重宝すること間違いなしです。